カテゴリ:未分類( 58 )

シアターガイド休刊


f0370565_21050932.png
毎月2日は「シアターガイド」発売の日。数日遅れて近所の紀伊國屋に行くも売っていない。以前より取扱店が減ったせい?(11/2発売の12月号はここで買ったのに)本店ならあるだろうと昨日新宿本店に行くも置いていない。
じゃ、アマゾンで買うか、とアマゾンを開くもない。

家に帰って「シアターガイド」のHPを開くと、11/1付けで「休刊のお知らせ」がでていました。12月号には何も書いていなかった・・・経営不振による業務停止だそうです。

1992年の創刊号からほぼ毎号買っていて、日本語で読める海外演劇ニュースで貴重だったのに。以前数回読者のコーナーにでたこともありました。

残念だな・・・








by lovelysheep2 | 2018-12-09 21:16 | Comments(0)

ボヘミアンラプソディー


f0370565_00014002.png今夜は「ボヘミアンラプソディー」を観てきました。
私はクイーンをオンタイム聞いて育った世代で、コンサートにも何度か行ったし、iPhoneにはベスト盤が入っているし、ミュージカル「We Will Rock You」も数回観に行ってます(これは関係ない?).
この映画の予告編を見て、絶対に観る!と決めていました。

クイーンの誕生からフレディーマーキュリーの人生に焦点をあて、成功から孤立・心の葛藤、最後エイズでな亡くなるまでを描いています。
クイーンは曲は聴いていたけれど、バックの姿は知らなかったので、映画を観ることにより、歌詞の意味の深さがわかってきます。

なんと言っても、圧巻なのは最後ののウィンブリンスタジアムでの「ライブエイド」のライブシーン!
大きなスクリーンでまるでその場にいるような臨場感、感動で、涙が流れてきました。私の心にドンピシャに響きました。
最後のシーンの印象が強すぎて、映画というより、ライブに行ったような感じ。

音楽は人種や言葉を超え、一つになれる、世界を救える、素晴らしい!と再認識でした。


by lovelysheep2 | 2018-11-15 00:17 | Comments(0)

久々の映画

auマンデーの特典(映画が1100円)を使って、久々に映画を見てきました。3月に「グレイテスト・ショーマン」を見て以来です。
f0370565_20472486.jpg
ファンタジー映画、プーさんの一言に癒やされます。イギリス英語が心地よく、ヒースの花がキレイだった。早くイギリスに行きたくなったよ~。
f0370565_20472578.jpg


by lovelysheep2 | 2018-10-08 20:53 | Comments(0)

ジョン・オーウェン・ジョーンズコンサート

f0370565_22132792.jpg
f0370565_22132805.jpg
今日は久々のエンタメ。イギリスのミュージカルスター:ジョン・オーウェン・ジョーンズのコンサートに行ってきました。
今まで何度か見ていますが、今回のコンサートはキャパ500人の読売大手町ホールで、5列目の席でした。
JOJ歌っていないと、ただのおじさんですが、歌うと凄いんです!
冒頭から凄いテンション高くて、びっくり!おしゃべりは、来月発売になるCDと、1月の「THE VOICES OF WESTEND」の宣伝の繰り返しでおかしくてね。また時々曲がどういう内容かどういうシーンで歌われるかわかりやすい状況説明があって、味わいがいっそう深まりました。
また、ウェールズ語を教えてくれたり、観客との一体感を大切にしているのが伝わってきます。全部英語で通訳なしでしたが、みな理解できるという前提なのかな?

おしゃべりは結構面白いのだけど、歌い出すとまるで別人!その曲のシーンになりきってしまいます。
圧倒的な歌唱力、表現力、つやがあるというのか、心に染みいり、聞き惚れてしまいました。
特に1幕ラスト3曲「ラブネバーダイ」「オペラ座の怪人」からの流れが、もう鳥肌物!
あと2幕ラストの「レミ」からの2曲は涙涙でした。
やっぱり、JOJは素晴らしいわ~。

「THE VOICES OF WESTEND」も気になっていて、今日のコンサートが良かったからもともと買うつもりで、休憩時間にゲットしました。(BUNKAMURAの先行の席より良かったので)




by lovelysheep2 | 2018-09-24 23:21 | Comments(0)

札幌最後の夜

f0370565_01444243.jpg
札幌最後の夜になりました。
感傷に浸る余裕もなく、東京に戻ってのことを考えてばかり。
ずっと書こうと思っていたこと!札幌って北にあるんだな〜と。春を過ぎると日の出は3時台、夜も20時過ぎまで明るいのです。まるで、夏のヨーロッパだわ!と感じでいました。
うちは、南向きで遮光カーテンなので、あまり関係ありませんが、東側に窓がある人は、早くから明るくて、大変らしいです。

by lovelysheep2 | 2018-06-28 01:44 | Comments(0)

2018 THE TONY GOES TO

すっかり夜まで忘れていたのですが、6/10(日本時間6/11の午前中)は今年のトニー賞の発表でした。受賞作は以下。
ミュージカル作品賞の「The Band's Visit」も,リバイバル賞の「Once On This Island 」、も観てました。「The Band's Visit」私のツボにははまらなかった作品で10部門も受賞するような作品だったかな・・・


<ミュージカル部門>
■ミュージカル作品賞:「迷子の警察音楽隊 / バンズ・ヴィジット(The Band’s Visit)」
■ミュージカル リバイバル作品賞:「アイランド(Once On This Island)」
■ミュージカル主演男優賞:トニー・シャルーブ(迷子の警察音楽隊)
■ミュージカル主演女優賞:カトリーナ・レンク(迷子の警察音楽隊)
■ミュージカル助演男優賞:アリエル・スタッチェル(迷子の警察音楽隊)
■ミュージカル助演女優賞:リンジー・メンデス(回転木馬)
■ミュージカル演出賞:デヴィッド・クローマー(迷子の警察音楽隊)
■ミュージカル脚本賞:イタマール・モーゼス(迷子の警察音楽隊)
■ミュージカル装置デザイン賞:デヴィッド・ジン(スポンジ・ボブ/スクエアパンツ)
■ミュージカル衣装デザイン賞:キャサリン・ズーバー(マイ・フェア・レディ)
■ミュージカル照明デザイン賞:タイラー・マイコロウ(迷子の警察音楽隊)

■ミュージカル音響デザイン賞:カイ・ハラダ(迷子の警察音楽隊)

<ミュージカル・演劇 共通部門>
■オリジナル楽曲賞:デヴィッド・ヤズベック(迷子の警察音楽隊/作詞作曲)
■振付賞:ジャスティン・ペック(回転木馬)
■編曲賞:ジャムシールド・シャリフィ(迷子の警察音楽隊)

<演劇部門>
■演劇作品賞:「ハリー・ポッターと呪いの子(Harry Potter and the Cursed Child, Parts One and Two)」
■演劇リバイバル作品賞:「エンジェルス・イン・アメリカ(Angels in America)」

演劇部門は、ロンドンから上がってきた作品ですね。今回の「エンジェルズ・イン・アメリカ」はナショナル・シアターバージョン。去年ロンドンに行ったときやっていたけど、長いので断念しました。友達に字幕版の録画お願いしてあるので、見るのはそれまでお預けです


by lovelysheep2 | 2018-06-12 00:58 | Comments(0)

ひつじづくしディナー@ラ・サンテ

連休中日は、Sさんと「ラ・サンテ」で「羊づくしのフルコース」を食べてきました。ひつじ好きなのに、お肉も好きな私。メニューを聞くと生々しいのですが、口に入れると思わず頬が緩くなるほど美味でした。
f0370565_00380175.jpg
f0370565_00380262.jpg
「春堀り人参と羊のコソメジュレ」人参がとても甘かった。
f0370565_00380355.jpg
「舌を浮かべた羊のエッセンスのスープ」
f0370565_00380349.jpg
「生肉のタルタルと羊の脂を織り込んだトースト」
f0370565_00380432.jpg
「脳みそのムニエルとタケノコと菜の花リゾット」
f0370565_00383912.jpg
「80日のミルクラムのモも肉の薪焼きと胸腺のソテー」。まだミルクしか飲んでいない羊のお肉です。
f0370565_00384083.jpg
「アキレス腱と胃袋とミンチ肉のグラタン」(2人分)これも美味しかった。
f0370565_00384153.jpg
「すね肉とソーセージと野菜のモロッコ風タジン」(2人分)
f0370565_00384202.jpg
メインディシュの「1歳のラムと5歳のマトンの薪焼き」。これで、80日のミルクラムと1歳のラム(左)と5歳のマトンを食べたことになり、それぞれ味が違うのがわかりました。
f0370565_00384316.jpg
「羊のチーズ」
f0370565_00391181.jpg
デザートはこの時期しかない「北海道産のイチゴのミルフィーユ」。豪快に崩して混ぜていただきます。
f0370565_00391228.jpg
アールグレイのマカロンも付きました。(あと私は紅茶)。
f0370565_00391269.jpg
「ジンギスカン」もいいけれど、フレンチでいろいろな料理でひつじを味わうのも格別。ひつじって美味しいですね~。札幌にいるから楽しめる味?途中iPhoneの顔認証ができなくなるほど、美味しくて顔が緩んでいた私でした。


by lovelysheep2 | 2018-04-30 17:00 | Comments(0)

JOJ祭り?

ケン・ヒル版の「オペラ座の怪人」、今まで観たことがありません。が、今年の来日公演のファントム役がJOJ(ジョン・オーウェン=ジョーンズ)に決まったと知り、即チケットゲット。(現在先行予約中)

今日家に帰ったら、東京の実家宛のはがきが2枚転送されてきました。1枚が6月の「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー」、これは、JOJとノーム・ルイスが出演しますが、6月は無理。もう1枚は、9月のJOJのコンサートの先行発売のはがき。これは、行こうかな~。

ラミン(「エビータ」のチケットはゲット済み)とJOJは、日本大好き?格好の出稼ぎ先が日本なのかしら???
f0370565_00194454.png

by lovelysheep2 | 2018-04-24 00:31 | Comments(0)

今回観た舞台

もう2ヶ月過ぎてしまいましたが、1月にNYで観た舞台はこの5本。今シーズンの新作これから出始める前で、作品的にはちょっと淋しいラインナップ。とりあえず前シーズンのメインどころは昨年のGWに観ているので、今回は地味目。(Dear Evan Hansenは未見だけど、数百ドル出すまでは・・・)
感想を一言ずつ。
今シーズン物は、「BAND'S VISIT」(評論家受けは良いようですが、私的には・・・)と「ONCE ON THIS ISLAND」(楽しい舞台でした。リー・サロンガ出演中です)。
数年前にロンドンで大感動した「MISS SAIGON」(DVDにもなっています)。ロンドンで観たときよりも、当事国のアメリカで観ていると感じるものが違い心が痛い。アメリカ用に派手になっていた感じ。大好きな作品だけど、何度観てもエンディングにはアジア人として納得できないな・・・・・。
前回楽しかったのでリピートした「WAITRESS」、医師役のJASON MRAZが私は知らなかったけど、2度グラミー賞を受賞している有名なミュージジャンだそうで、チケットの割引率が悪かった。オリジナルの先生役のほうが好みだな~。
そして、一番よかったのが「SWENNEY TODD」、これは別に書きます。
f0370565_00190446.jpg
今回すべてチケットはディスカウント。「SWEENY」のみは事前にネットで予約、残り4枚はリンカーンセンターの「tkts」でゲットしました。GWに行った時はガラガラだったけど、知れ渡ったようで、オープン頃だと30分くらい並びました。建物の中なので、寒くないし、リンカーンセンターのfree-wifiが飛んでいるので、待っている間にネットのチェックが見れます。翌日のマチネも買えるので便利です。
アッパーウエストに泊まる人には、超お勧めのtktsです。
f0370565_00190599.jpg
f0370565_00190653.jpg



by lovelysheep2 | 2018-03-09 00:58 | Comments(2)

THE GREATEST SHOWMAN

今日の北海道は荒れた天候、札幌でも猛吹雪・暴風雪で、普段雪で傘をささない私も朝は傘使用。昼間も時々真っ白で外が見えない状況。JRが止まり始めたので、JRの人は先に帰るようにと、札幌に来て一番の悪天候。

ですが・・・今日は「映画の日」で予めミュージカルファンの友達とヒュー様の映画を予約済みだったので、見てきました。(結局帰るときは、雨になっていて、私自身は普通に帰れました)

ヒュー主演のミュージカル映画くらいしか前知識なし、これバーナムの話だったんですね。久々に(私のイメージする)ミュージカル映画ずばりで、カラフルで歌やダンスシーンがいっぱいで楽しめました。が内容的には感動とかはなかったかも。
相変わらずヒュー様は輝いていて、エンターテイナーとして素晴らしい才能の持ち主ですね(あとちょっと歌が上手ければ言うことないんだけどな)。
見終わって最初の友達との感想は「生の舞台が観たいよね~」。またヒュー様にはブロードウェイの舞台に立って欲しいな。(2人とも何度かNYで観てます)。
f0370565_01092085.jpg



by lovelysheep2 | 2018-03-02 01:45 | Comments(0)